「ドクターズチョイス ルテイン 40mg」の特徴・購入方法の詳細

ルテインサプリ ドクターズチョイス ルテイン 40mg
ルテイン含有量 40mg
1日の摂取量 2粒
内容量 120粒
主な有効成分 天然ルテイン、ゼアキサンチン、ビルベリー
通常価格 7,480円
定期購入価格 7,100円
返金保障 あり(90日以内)
販売元 ビューティー&ヘルスリサーチ社

今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

自分で視力を回復しようと、サプリメントを飲んでいる方は多いと思いますが、どんなサプリを選んでいますか?

目に良い成分のルテインを含んだサプリメントはたくさん販売されていますが、天然かつ品質の良いサプリメントをチョイスすることは大変重要です。

そこで今回は、アメリカで製造された「ドクターズチョイス 天然ルテイン」をご紹介します。

アメリカはサプリメントの先進国と言われていて、健康を維持するために、サプリメントを使用する方は多く、多くの医師たちも薬と併用してサプリメントの摂取を薦めているほどなんです。

日本はどちらかというと、サプリメントより食べ物から栄養を・・・という考えが主流ですので、アメリカとは少し違いますね。

そのような環境ですから、アメリカでは使用する消費者はもちろんのこと、専門家たちも、サプリへのこだわりは強く、サプリメント業界のレベルは高くならざるを得ず、自然と品質のレベルも上がっているのです。

そして、品質No.1を目指すためには、トップレベルの研究者、工場、高品質の成分などが取り揃えられたアメリカでの製造が必須というわけです。

ルテインサプリ ドクターズチョイス ルテイン 40mg

ドクターズチョイス天然ルテインの成分・特徴とは?

では、高品質にこだわった商品「ドクターズチョイス 天然ルテイン」の成分を詳しく見てみましょう。

ドクターズチョイス天然ルテインは、天然マリーゴールドから抽出した100%天然ものです。

そして、天然ルテインがなんと40mgも使用されているという贅沢なサプリメントです。

さらに、マリーゴールドの花から抽出したゼアキサンチンビルベリー由来のビルベリーパウダーの2つも主要成分となっているのですが、これはなぜか?というと、ルテインの効果というのは、実際はルテインだけを飲んでいても効果が十分ではありません。

ゼアキサンチンとビルベリーの2つと共に摂取することによって、ルテインの効果を十分に実感することができるんですね。

ルテイン単独では十分な効果が得られないのは、本来、目の中ではルテインとゼアキサンチンはセットで存在しているからなんです。

この2つは、加齢によって減少するのですが、それが原因で、加齢性黄斑変性症や白内障、緑内障を引き起こすことがわかっています。
これらの症状を治すには、ルテインとゼアキサンチンを同時に摂取することが必要となるのです。

その上、ビルベリーの持つ成分アントシアニンが、ルテインを目の奥まで届ける役割をしてくれます。

せっかく飲んだのに、奥まで成分が入らなかったら悲しいですから、ビルベリーも大切な成分のひとつといえますね。

ルテインサプリ ドクターズチョイス ルテイン 40mg

ドクターズチョイス天然ルテインの特徴や良さ、何となくお分かりいただけたでしょうか?

注文方法・購入方法

通常価格は2個セットで7,480円、4個セットで12,600円、2個セットを定期購入にすると5%OFFの7,100円、4個セットを定期購入にすると5%OFFの11,970円と、定期購入にした方がお買い得になります。

気になる送料ですが、通常の2個セット以外は、すべて送料無料となりますので、通常の4個セット、または定期購入を選べば、さらにお得感がありますね。

購入後90日以内であれば、返金保証もしてくれますので、はじめての方も安心です。

1日2粒のルテイン生活、目が少しでも気になる方はお試しください。

今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

薬剤師さんから一言

ルテインもゼアキサンチンも目の黄斑部に存在しています。ルテイン 黄斑部の周辺部に、ゼアキサンチンは中心部に多くあります。ゼアキサンチンもルテインと同じく強力な抗酸化作用を持っており、黄斑部の変性を予防、改善します。また水晶体の活性酸素によるダメージも軽減するため白内障への効果も期待できます。ルテイン、ゼアキサンチンを単独で摂るよりも同時に摂取した方がより効果を現しやすい特長があり、同時に摂ることで黄斑部の変性のリスクが約60%も減少したというデータもあります。