ズバリ、ルテインと一番相性の良い成分とは?

「飲むサングラス」と言われるほど、目に良い成分を持つ「ルテイン」ですが、ルテインだけを摂取しているよりも、もっと効果を上げる方法があります。

ルテインとは、カロテノイドの一種で、私たちの体内にも存在している成分です。
どこに存在するかと言えば、瞳の「水晶体」と「黄斑部」に多く存在していて、ルテイン自体は体内では作り出せないため、食事やサプリメントから摂取していかなければなりません。
ルテインサプリ 目の健康
ルテインの持つ強い抗酸化作用が、活性酸素を除去してくれるので、体内にあるルテインを減らさないようになしたいものですね。

さて、では、ルテインさえ摂っていれば効果があるのでしょうか?

それは間違いないのですが、さらにためには、ルテインと一緒に摂ることで、ルテインの吸収率を高める働きをする成分を摂ることです。

せっかくルテインを摂取しても、うまく体内に吸収されないのでは、無駄遣いになってしまいますからね。

では、ルテインと相性の良い成分って、何でしょうか?

ルテインと相性の良い成分

ビルベリー、アントシアニン

ルテインは、体内に取り込まれると、ビルベリーに含まれる豊富なアントシアニンが血流に乗って血管の隅々まで運んでくれる役割を果たします。

アントシアニンがルテインを速やかに運んでくれることで、ルテインは本来の力を発揮できるわけです。
ルテインサプリ ブルーベリー

ゼアキサンチン

ゼアキサンチンは、ルテインとともに眼の水晶体や黄斑部に存在しています。

そして、体内から血中に移行して、目の網膜部に蓄積されるものです。

その黄斑部は、活性酸素の酸化作用を受けやすいと言われていますが、ゼアキサンチンはルテインとともに活性酸素消去剤として活躍し、酸化による傷害を防いでくれることがわかっています。

また、目に悪影響を及ぼすブルーライトの光から守る働きもしてくれます。

なるべく最大限の効果のある方法で摂取したいものですね。

購入時に、サプリ選びに迷ったら、是非、上記の成分が入っているか?
チェックしてみてくださいね。