ルテイン不足によって起こり得る病気とは?

ルテインが不足すると、どんな病気を引き起こすのでしょうか?

パソコンやスマホのブルーライトは体に非常に有害ですが、ルテインが不足すると、それらのブルーライトを吸収してくれるものがなくなるため、眼精疲労を感じるようになります。
ルテイン ブルーライト
また、ルテインには強い抗酸化作用があるのですが、それらがなくなれば、活性酸素が過剰に生み出されて酸化し、白内障や緑内障、そのほか、高血圧やガンなどさまざまな病気を引き起こす可能性を高めます。

緑内障は一度発症すると、完治することはありません。
ルテインを摂取することで、眼圧を下げる効果はあるようですが、完治しないというのはちょっと怖いですね。

また、白内障は手術すれば治るものですが、それでも目にメスを入れられることを想像しただけでも、なるべく避けたいですね。

高血圧も生活習慣病を引き起こす可能性が高まりますし、ガンも非常に怖いです!

ですから、病気になる前に対策がとても重要なんです!
ルテインサプリ
活性酸素がどれほど悪影響を及ぼすか、ご存じですか?
活性酸素は、もともと強い攻撃力によって、ウィルスや細菌をやっつけてくれる心強いものなんですが、必要以上に増えると、細胞を酸化させ、老化を早めてしまうものです。

ですから、活性酸素が増えないような生活をするとか、普段の生活で増えた活性酸素をいち早く取り除くようにした方が良いのです。

とは言っても、普通の生活を送っているだけでも、活性酸素は増えると言われていますから、体内には常に活性酸素があると思って、とにかく体から取り除く生活を心がける方が良いかもしれませんね。

ルテインは、抗酸化作用で活性酸素を取り除く力がありますので、非常に心強い味方です。

体内で自ら作られることはありませんので、食事でもサプリメントでも、とにかく質の良いルテインを体内に取り入れるようにしていきましょう。