天然ルテインと化学合成ルテインの違い

ルテインには、天然もの化学合成ものの2種類があります。

せっかく摂るのなら、天然からできたサプリメントを選びたいものですね。
豊富な種類のサプリメントが各会社から販売されていますが、天然だけを扱っている商品と、化学合成と思われる商品とがありますので、注意が必要です。

どのような違いがあるのか、見て行きましょう。

天然ルテイン

天然マリーゴールドから抽出しています。
マリーゴールドはルテインの含有率が高く、農薬の害がない安全な原料と言われているんですね。

また、天然ルテインの方が、吸収率もスムーズなので、多少値段が高くても、コスパは良いかもしれないです。

また、ケミン・ヘルス社の特許製法により抽出・精製された「Flora Gloルテイン」は、私たちの体内に存在するルテインと同じものであり、品質が高いものです。
天然ものは、副作用の報告はありません
ルテインサプリ 天然もの マリーゴールド

化学合成ルテイン

その名の通り、石油を原料にして化学的に合成されているルテインです。
石油が原料というだけで、避けたいと思いますよね。

副作用の報告もあり、目のかゆみ、目の腫れ、咳、喘息、胸焼けなどの症状が出る可能性もあるようです。

また、飲酒や喫煙者が摂取することで、副作用の発生率が高まるという恐ろしい報告もあります。

いくら値段が安くても、結果的に体に悪影響を及ぼしたり、ほとんど効果がないのであれば、摂取する意味もありませんね。むしろ、摂取することが恐くもあります。

多くのサプリの中から、ご自分やご家族が安心・納得できる商品を選びたいものです。